だしは料理に合わせて使い分けよう

一言にだしといってもその種類はさまざまですので、料理によって使うだしをかえていくのがおすすめです。

あごだしやカツオだしのような魚をベースにしただしは、風味や香りを存分に味わえるのでおみそ汁向きです。だしがよく出ていると飲んだ時に濃厚な味を堪能できますので、おみそ汁に使うのが良いです。

また、あっさりとした味で鍋を食べたい時は、和風だしが良いです。今は海鮮トマト鍋やクリーム鍋のようなどちらかといえば味のインパクトの濃い鍋がトレンドですが、何回も繰り返し食べるならあっさりとした和風だしが無難です。和風だしならさっぱりしていますから長い時間かけて食べる鍋料理にはもってこいですし、とても使いやすいです。

また、煮物やだし巻き卵には、昆布だしを用いられることが少なくありません。昆布だしなら素材の邪魔をしないですからよく引き立ててくれますし、だしとしてとても便利です。

このように、だしは料理に合わせて使い分けていくことが大事です。