昆布だしのめんつゆが便利

私は昆布だしのめんつゆを常に冷蔵庫に入れておいてよく使います。
水炊きの鍋を家族で食べるとき、昆布だしのつゆを薄めてつけて食べれば、お肉も野菜もきのこも全部美味しくいただけます。
夜、小腹が空いてしまった時などは、豆腐にチーズをのせて電子レンジで3~4分加熱します。その上に昆布だしのめんつゆをかけて食べれば、ほかの調味料は要らないくらい簡単で美味しい夜食の出来上がりです。
長芋を擦って、調味料は昆布だしのめんつゆのみ混ぜてそのまま食べてもおいしいですし、フライパンでじっくり焼いてからもんじゃ焼きのように頂いても美味しいです。
卵焼きを作る時に少し入れても和風の風味がとてもよく合い、調味料はめんつゆ以外は必要ないほどです。
おでんのだしが切れてしまった時の代わりにも使えます。
またモッツァレラチーズやプロセスチーズなどお好みのチーズを、昆布だしのめんつゆに浸して、一晩置いてから食べると最高に美味しいです。
かけうどんのつゆとして、カツ丼や親子丼、卵丼などの丼ものにもぴったり合います。
和風の料理にも洋風の料理にも違和感なく溶け込み、使える幅がかなり広いです。